美容・健康

メイク系統とブランドイメージ・顔タイプを知ってなりたい顔になろう

メイクをする時「こんな風に仕上げたいなぁ~」と考えたりしますよね?

テレビコマーシャルや雑誌の新しいメイクアイテムを見たりすると、

「あぁ~こんな感じになりたいなぁ」って、思ったことあると思います。

そのなりたいイメージに近づけるために、知っておいてほしいことがあります。

それは、あなた自身がどんな顔立ちで、輪郭をしているかということです。

今回は自分の顔タイプを知って、なりたい顔にメイクする方法やブランドをご紹介していきます。

自分の顔タイプとメイク系統

日本人の顔タイプは大きく4つに分類することができます。

化粧品コーナーや美容室などで、聞いたことがあるという方がいらっしゃるかもしれません。

自分の顔のタイプを知ることで、相性の良いメイク系統・メイクの仕方やメイクの選び方、メイクそのものの良さを実現できるか、変わってきます。

知らなかった!という方は、自分の顔をしっかりと分析してみてくださいね。

これを知っているとメイク選びも楽しめます。

4つの顔タイプ

  • フレッシュ・・卵顔のしっかりとした印象の目鼻立ち
  • キュート・・・丸顔の温和な印象の丸みを帯びた目鼻立ち
  • クール・・・・キリッと引き締まった印象の切れ長な目元口元の細長な顔立ち
  • フェミニン・・印象的な目鼻立ちで柔らかな顔立ち

アイシャドウのカラー表示にもよく使われる単語ですよね。

簡単な表現をすると、それぞれが上記の顔タイプに分けることができます。

ご自身の顔のタイプを考える時に、まずは、輪郭の形を見ます。

丸顔、卵顔、逆三角顔、ベース顔などになります。

丸いなら可愛い系、角ばった印象が強いとクールビューティー系になります。

次に、目や鼻、口といったパーツの印象です。

それぞれがしっかりと主張するタイプか、柔和なタイプかどうかです。

 

いかがでしょうか?
そんなイメージで見たことが無いという方も、鏡の前で自分の顔タイプ・相性の良いメイク系統を見つけてくださいね。

 

 

自分の顔タイプをなりたいメイク系統にするには?

メイクでなりたい顔になるには、先に、お話した顔タイプを知った上でメイクするということが大切になります。

ここでは、2つのパターンを例にして、実際にメイクでどのようにすれば良いか、見ていきたいと思います。

 

顔タイプが《キュート》→《クール》な印象にしたい場合

  • 目元アイシャドウはブルーやグリーンを使います。
  • アイライナーは黒や茶色でハッキリ描きます。
  • ファイスラインには、茶系のフェイスパウダーで陰影をつけます。
  • 口紅は色味のハッキリとしたものを選び、リップライナーで輪郭をひきます。

 

顔タイプ《フェミニン》→《フレッシュ》な印象にしたい場合

  • 目元アイシャドウは、オレンジやブラウンを使います。
  • ハイライトカラーで頬高やTゾーンに明るさを演出します。
  • チークは主張し過ぎないオレンジ系を使います。
  • 口紅はやや色味の明るいものを選び、グロスなどを重ねます。

なんとなくイメージ出来ましたか?

色味も、濃く使う場合や薄く使う場合で、印象を押さえたり、協調したり出来きるので、試してみてくださいね。

 

メイクで相手に与える印象が変わる

30・40代になると、職場や家庭、子供の学校や自分の趣味など、メイクの要素も多岐に渡ってきます。

メイクを使い分ける事ができたら、「出来る女性」という感じがしますよね。

メイクで相手に与える印象を大きく変える事も可能です。

例を挙げて見ていきますので、想像してみてください。

 

職場でのメイク

職場での立場の違いはあるものの、仕事をする上で必要なのは、しっかりとした印象ですよね。
そんな時は、メイクも、目元にはブラウンやブルー系を使い、フェイスラインは陰影をしっかりとつけ、キリッとしたメイクに仕上げるのがベストです。

相手にも、しっかりした、真面目な印象を与えます。

 

家庭・日常のメイク

比較的ゆったりと過ごす家庭メインの日常の中では、目元にはオレンジやブラウン系を使い、チークなどで血色良く魅せます。女性が家庭で温和で柔らかい眼差しで居ることが、周りの人にも落ち着きを与えます。

 

学校やPTAなど公の場に出るときのメイク

たくさんの人の前に出る場合は、キツイ印象はタブーです。あまり強調し過ぎないメイクが好まれます。
アイラインも柔らかく、目元を優しい色遣いでまとめましょう。
相手から話しかけやすい印象に仕上げます。

 

自分の趣味・おでかけ時のメイク

自分の時間を過ごすときは、今一番好きな色を使ってください。
自身のパワーカラーを選ぶことで、日ごろのストレスからの発散を促して、明日へのエネルギーも補充できます。
明るい自分をメイク出来れば、周りにも好印象を与えます。

 

 

メーカーやブランド、メイク選びのコツ

あなたは、メイクのメーカーやブランドをどのように選んでいますか?

種類もブランドもたくさんありますよね。

そのメイク品の特徴が何なのかは、売場やサイトに大きく表示してあることがズバリ!一番の効果になります。

例えば、「自然な発色!」とか、「印象的な目元に!」とかです。

そしてメイク品の特徴から選ぶとともに、自分のなりたいイメージ・メイク系統・肌質(乾燥肌)などに合っているかを見極めることも大切です。

これは実際に私が実践していることですが、メイクアイテムを選ぶときの簡単なコツを、お教えしたいと思います。

 

メイクアイテムを選ぶときのコツ

まずは、店頭の場合、試供品を試せるときは極力試してください

アイシャドウや口紅も手の甲に取り、発色や色味をしっかり確認してください。

左手の甲に取り、右手で伸ばしてみます。

色の発色、保湿力、落ちにくさなどが実感できます。

パレットに入ったままだと、実際に肌にのせた色が違う場合があります。

単に、雑誌やTVコマーシャルだけで選ぶのは避けてほしいと思います。

では、ネット販売でしか購入できない方の場合はどうしたら良いのか?

その場合は、メーカーのブランドサイトを必ずチェックしてください。

自信のある色味が「モデル色」に紹介されています

モデル色は、実際に女優さんたちが使用している宣伝広告にあるものです。

そのモデル色の色味は、実際に使用してもそのまま実感する場合がほとんどです。

あとは、先ほど紹介した顔タイプを参考にして、どう魅せたいかをイメージしてください。

ただし、アイシャドウや口紅の宣伝をしている女優さんのイメージは頭から外して、色味に集中して選んでくださいね。

 

顔タイプを知って自信を持とう!!

私は丸顔なんですが、クールビューティーな顔立ちにいつも憧れます(笑)

でも、よく安心するとか、ホッとするという優しいお声掛けを頂きます。

お客さまに接する際に、よくお話していたのは、「まずはご自身の顔タイプを知って、自信を持ってください!」ということでした。

これはメイクだけではなく、スキンケアにも言えるのですが、何より、「キレイになりたい!」「可愛く見せたい!」という気持ちを、高らかに持っていないと、メイク乗りも本当に悪いです。

メイクに操られるのではなく、メイクをTPOで使い分けて、なりたい肌になりましょう!

◆恋愛から始めたいなら、恋愛・婚活マッチングサービス【Pairs】(R18)

◆結婚相談所でしっかりお見合い相手を見つけたいなら、顧客満足度96%の【エン婚活】
  • この記事を書いた人
ナチュレ

ナチュレ

このサイトの編集者&管理人です。関西在住で、子供が3人います。結婚10年目に入りました。悩める婚活女性のために、日々情報蓄積中です!

-美容・健康

Copyright© マリッジオレンジ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.